日本で食べたことはないけれど・・・

火鍋、実は日本では食べたことがありません。上海に数か月いたのですがその時にかなり頻繁に食べていました。
安い上にお腹がいっぱいになるので好きだったのですが、あちらの火鍋はとにかく辛い!!

 

2種類の出汁が選べるのですが辛いからと言っても1種類は必ず辛い出汁を選択してしまうのです。
その辛さと言ったらもう口では表現できないものでした。
ですが、普通の出汁で食べていると物足りなくなってしまうんですよね。ついつい辛い方にも手を出してしまいます。

 

日本人だけで注文するときは辛い出汁も選ぶのですが最初から唐辛子を取ってほんの少しだけマイルドにして食べていました。この辛い鍋に合うのはやっぱりビール!

 

上海のビールはとても安くコーラよりも安かったので日常に飲んでいたのですが火鍋には本当によく合いました。
ご飯がイマイチなのでビールと火鍋、たまに野菜も入れて・・・
というスタイルで食べるのが私流というか皆そんな感じで食べていました。

 

よく食べていた火鍋のお店が東京に進出すると以前噂で聞いたのですがお値段を見てびっくり!
もちろん使っているものは全く違うのですが手が出ない金額で残念です。

薬膳料理のひとつ火鍋

テレビで「火鍋」をしていて、興味があったのですが友達が辛いものが苦手なので行けずじまいでした。
でも同期が辛いのも大丈夫だし、行ってみたいと思っていたということで早速、火鍋のお店を探しました。
火鍋は辛い汁と白湯スープの2種類が鍋の中で分かれているお店で、2種類の味が楽しめるなんてお得です。

 

一つのお店は、お肉が羊肉で、私はラム肉が苦手なので、どうしようかと思っていましたが、
普通に豚肉の銀座の火鍋の店を見つけたので行ってきました。

 

店の中は火鍋の雰囲気に合うようにアジアンチックで、雰囲気がとてもよかったです。
火鍋の味は、辛いスープで食べる火鍋は、スープの色が赤すぎて、
「どれだけ辛いんだろう」と辛いものが大好きな私も、顔から汗が噴き出たらどうしようと思いながら食べました。

 

辛いことは辛いけど、全然大丈夫な辛さで、少し辛さにしびれてきたなと思ったら、
隣の白湯スープの具材を食べれば落ち着くので、交代交代に食べていたら、あっという間に食べきってしまいました。
赤いスープに浮かんでいる大きいトウガラシが気になり、少しかじってみたりしました。
ハバネロかと思いきやそうではなかったみたいです。火鍋は薬膳料理なので、体にいいそうです。

 

銀座 お好み焼きのパチパチはこちら

更新履歴